長期トレードの資産運用

スワップ金利で比較

長期トレードの資産運用 スワップ金利というものが、FX取引の中にはついてきます。
スワップ金利というのは、各国ごとで、政策金利は違っています。
通貨ごとの金利の差を売りポジションや買いポジションをもっている間は、受け取ったり支払ったりすることをスワップ金利といいます。
ですから、別に実際に取引をしなくても、ポジションをもっていれば、金利を受け取ることができるわけです。
実はこのスワップ金利ですが、FX業者によって、額が変わってくることがありますので、注意しましょう。
現在のところ、裁定取引通貨を1万通貨単位に設定しているところもあります。
すると、業者によって、1日で数円も受け取ることができる利息の額が、ほかの条件が一緒でも変わってくるということも起こりうるのです。
いい業者と悪徳業者という組み合わせの場合、1日に10円以上も全く同じ取引をしていても、利息の入りが変わってくることもあるといいます。
ですから、スワップ金利がどのようになっているかということを比較して、FX業者を選びましょう。
FX初心者の場合、特にそれほど、トレードを活発に行うということはしないかと思います。
システムトレードのやり方などについて、慣れるには少し時間がかかるからです。
となると、スワップ金利による収入が、初心者のうちは、重要な利益源ということになるのです。
ですからスワップ金利がどのようになっているかということをきちんと比較をして、FX業者を見つけるのが重要なのです。

【参考】

Copyright (C)2022長期トレードの資産運用.All rights reserved.